有限会社 泰成電機工業/万協株式会社
床下地から環境と健康を考える万協フロアー
製品ラインナップ オンリーワン技術 施工ガイド 性能試験データ 会社情報

ホーム > 性能試験データ > 強度試験

強度試験
試験データ

YPEタイプ
(1)局部曲げ試験(H-130、加圧板φ80により荷重)
試験体
加力位置
変位(mm)
980.7N
〈100sf〉
除荷直後 3923N
〈400sf〉
除荷直後 除荷5分後
No.1 1.2 0.1 5.4 0.3 0.1
No.2 1.2 0.1 5.4 0.3 0.1
No.3 2.5 0.3 10.6 0.7 0.4
No.4 2.2 0.1 8.6 0.6 0.2
No.5 2.5 0.1 11.7 0.6 0.1
No.6 2.4 0.2 11.5 0.6 0.2
*状況/各測定位置とも、980.7N〈100sf〉及び3923N〈400sf〉時に 試験体に異常は認められなかった。
*備考/各測定位置での変位は加力の交点から直交する2方向軸をさだめ交点から14cm離れた4点の平均値で表す。
図

 

試験体

試験体

 

(2)積載荷重試験(H-130、面積1uに均一に荷重)
試験体
測定位置
変位(mm)
1961N/m²
〈200sf/m²〉
1961N/m²
〈200sf/m²〉
5分後
除荷直後 除荷5分後 3923N/m²
〈400sf/u〉
3923N/m²
〈400sf/m²〉
5分後
除荷直後 除荷5分後
No.7 2.5 2.5 0.3 0.2 5.6 5.9 0.5 0.2
No.8 2.1 2.2 0.4 0.2 4.9 5.1 0.5 0.2
No.9 2.2 2.3 0.3 0.2 5.0 5.3 0.5 0.2
No.10 2.1 2.2 0.3 0.1 4.9 5.2 0.5 0.2
*状況/各測定位置とも、1961N/m²〈200sf/m²〉及び3923N/m²〈400sf/m²〉時に試験体に異常は認められなかった。
図

 

(3)衝撃試験(H-130、30sの砂袋を50pから自由落下)
試験体衝撃位置 衝撃時の状況
1回目 2回目 3回目
No.11 異常なし 異常なし 異常なし
No.12 異常なし 異常なし 異常なし
No.13 異常なし 異常なし 異常なし
No.14 異常なし 異常なし 異常なし

 

ページトップへ
Kタイプ、戸建て住宅
(1)局部曲げ試験 (2)積載荷重試験
変位
測定位置
変位(mm)
100sf 400sf 除荷5分後
No.1 1.0 3.7 0.1
No.2 1.1 4.4 0.1
No.3 0.2 0.9 0.1
※各測定位置とも、100sf及び400sf時に試験体に異常は認められなかった。
●加圧板:80mm
●変位計位置:加圧板の中心から14cm離れた4点に設置。
上表の測定結果は、4点の平均変位。

 

 
変位
測定位置
変位(mm)
200sf/m² 400sf/m² 除荷5分後
No.1 0.7 1.3 0.0
No.2 0.7 1.4 0.1
No.3 0.3 0.5 0.0
※各測定位置とも、200sf/m²及び400sf/m²時に試験体に異常は認められなかった。
●積荷方法:床中央部1m×1mに均一に積荷。
試験体

試験体

 

ページトップへ
WPBタイプ
局部曲げ試験
変位測定位置 変位(mm)
100sf 200sf 300sf 400sf 除荷5分後
支持脚部 0.2 0.5 0.6 0.8 0.1
支持脚(ピッチ458mm)間中央部 0.5 1.1 1.6 2.1 0.1
●試験体高さ :154mm
●仕上げ材 :フローリング厚12mm
●捨貼合板 :厚12mm
●加圧板 :φ80mm
●変位計位置 :加圧板の中心から14cm離れた4点に設置。上表の測定結果は、4点の平均変位。
ページトップへ
MFタイプ
局部曲げ試験
タイプ
(パネル基本サイズ)
集中荷重50φたわみ4mm時(N) 最大荷重(破壊)(N)
支持脚4本間中央部 支持脚(ピッチ450mm)間中央部 支持脚4本間中央部 支持脚(ピッチ450mm)間中央部
MF30P
(30×450×1,820)
3,807 2,946 9,142 5,867
MF25P
(25×450×1,820)
2,760 1,915 6,981 4,867
MF20P
(20×450×1,820)
2,165 1,725 5,033 3,333
※値は試験を3体行い、その平均値を表す。
ページトップへ
OASタイプ
局部曲げ試験
タイプ
(パネル基本サイズ)
集中荷重50φたわみ4mm時(N) 最大荷重(破壊)(N)
支持脚4本間中央部 支持脚(ピッチ450mm)間中央部 支持脚4本間中央部 支持脚(ピッチ450mm)間中央部
OA3000
(30×450×450)
4,945 3,370 12,133 7,800
OAS30
(30×450×450)
4,925 3,785 11,766 7,933
OAS20
(20×450×450)
2,025 1,610 4,970 3,660
※値は試験を3体行い、その平均値を表す。
ページトップへ
TPタイプ
鉛直載荷(積載荷重)試験
試験項目 測定位置 変位(mm) JIS規格
鉛直載荷
14.7KN/m²時の
最大たわみ
鉛直載荷中央部 12.3 各位置の
最大たわみ量
20mm以下
支持脚近傍 9.0
支持脚4本間中央部 10.9
床パネル短辺方向目地部 11.9
除荷15分後の
残留たわみ
鉛直載荷中央部 0.8 各位置の
最大残留たわみ量
1.5mm以下
支持脚近傍 0.6
支持脚4本間中央部 0.7
床パネル短辺方向目地部 0.7
●試験体高さ :450mm
●仕上げ材 :フローリング厚18mm
●捨貼合板 :厚12mm
ページトップへ
文教タイプ
積載荷重試験
試験項目 測定位置 変位(mm)
200sf/m² 400sf/m²
載荷時の
たわみ
支持脚部 2.1 4.8
支持脚(ピッチ458mm)間中央部 2.3 5.3
除荷5分後の
残留たわみ
支持脚部 0.1 0.2
支持脚(ピッチ458mm)間中央部 0.1 0.2
●試験体高さ :142mm
●仕上げ材 :フローリング厚12mm
●捨貼合板 :厚12mm
●載荷方法 :1m×1mに均一載荷。
ページトップへ
コピーライト サイトマップ 個人情報保護方針 資料請求 お問い合わせ
YPタイプ YPG2タイプ YPMC-ECタイプ YPMCG2タイプ YPS4タイプ YPSG2タイプ YPMC-TGタイプ