有限会社 泰成電機工業/万協株式会社
床下地から環境と健康を考える万協フロアー
製品ラインナップ オンリーワン技術 施工ガイド 性能試験データ 会社情報

ホーム > 床衝撃音研究会 > 床衝撃音研究会1

床衝撃音研究会

集合住宅に使用されている乾式二重床の音環境に関する手引書「集合住宅の音環境−乾式二重床のQ&A−(改訂)」を発刊!

2013年2月14日

有限会社泰成電機工業(代表取締役社長 片桐佑介 本社:長野県駒ヶ根市)な らびに万協株式会社(代表取締役社長 清水雅弘 本社:東京都品 川区)は信 州大学名誉教授山下恭弘監修のもと、株式会社熊谷組(取締役社長 大田弘 本 社:東京都新宿区)、フジモリ産業株式会社(代表取締 役社長 山根光 本社: 東京都品川区)、野原産業株式会社(代表取締役社長 野原数生 本社:東京都 新宿区)、有限会社音研(代表取締役 石 川義治 本社:埼玉県八潮市)と共同 で,「集合住宅の音環境−乾式二重床のQ&A−(改訂)」を発刊いたしましたの でお知らせいたします。

[背景]

集合住宅においては,バリアフリーへの対応や歩行感の良さ、床下配管・配線の しやすさといった利点から、床仕上げ構造として乾式二重床を採用 するケース が増えてきています。特に、近年では生活のライフスタイルに合わせて間取りを 変更できるような乾式二重床の開発もさかんに行われる ようになってきまし た。また、購入者のニーズに応えるため、セレクトプランやフリープランが増え てきていますが、上下階で異なる間取りとなる 可能性があり、より音環境への 配慮も求められることになります。共同住宅の住宅相談では、不具合事象として 売り手と購入者の音環境に対する認 識の違いよる「遮音不良」、「床鳴り」な どが指摘されています。

当研究会では、2007年7月に信州大学工学部の山下恭弘教授(現信州大学名誉教 授)に監修いただき、乾式二重床について判りやすくまとめた 「集合住宅の音 環境−乾式二重床のQ&A−」と題した解説書を発刊するとともに、その後も乾式 二重床に関する研究を進め,新たな技術 や施工法の開発を行ってきました。

また、発刊後の2008年、一般財団法人日本建築総合試験所の「床材の床衝撃音低 減性能の等級表記指針」(以下、等級指針)が示されました。 等級指針に基づ いて性能を表示することによって従来の「推定L等級」による表記での課題を解 決し、さらに「標準型試験体」を規定することで乾 式二重床メーカー間での床 衝撃音低減性能の相互比較がより適切に行えるようになりました。等級指針で は、製品の床衝撃音低減性能を「部材性 能」としてΔL等級で表示しており、大 手デベロッパー各社は乾式二重床の仕様規定を等級指針に対応したものへと変更 しています。

さらに、施工面では、従来は「壁先行工法」が一般的でしたが、近年では超高層 集合住宅の多くが「床先行工法」で建設されています。また床衝撃 音遮断性能 の確保がしやすいことから、超高層集合住宅以外でも「床先行工法」の割合が増 えてきています。

「集合住宅の音環境‐乾式二重床のQ&A‐(改訂)」の表紙
解説書「集合住宅の音環境−乾式二重床のQ&A−(改訂)」

この解説書は,以下のような特徴があります。

  • 乾式二重床全般について幅広く取り上げ平易に説明。
  • 乾式二重床を用いた集合住宅について,床衝撃音レベルの実測データを紹介。
  • 乾式二重床の音環境に関する疑問については,Q&A形式でわかりやすく解説。
  • 乾式二重床の構成部材,構造の断面などの豊富な図表を用いて説明。
[今後の展開]

今後,集合住宅の乾式二重床に関する重要なツールとして位置付け,デベロッパーや設計事務所などに対して積極的に提案していく予定です。さらに,本手引書をご覧になった方から,忌憚のない評価・意見を頂き,より使いやすい手引書に仕上げていくよう,今後も継続的に検討をしてく予定でおります。なお,本手引書は下記のホームページのどこからでも申し込み頂けます。

 

お問い合わせ先

有限会社 泰成電機工業
常務取締役:堀内 一治
担当:石丸 岳史(電話 0265-83-1138)
万協株式会社
営業開発部 部長:岡田 雅人
担当:北洞 武志(電話 03-5424-0707)
ページトップへ
コピーライト サイトマップ 個人情報保護方針 資料請求 お問い合わせ